沖縄なら夏以外でも海を楽しめる

沖縄の海を満喫するなら、やはり夏に訪れるのが理想的だと思う人も多いでしょう。ただ、どうしても7月や8月は観光客もたくさん来るので、何を楽しむにしても混雑した状況になってしまいます。そのため、あえて夏以外の時期に訪れる選択肢もあります。

夏以外でも海のアクティビティを楽しめる

ダイビングにしてもシュノーケリングにしても、沖縄であれば夏以外でも問題なく楽しむことができます。本州と違って、冬でも海水温は20度近くまで上昇しますから、海に入ってもあまり寒さを感じることがありません。特に11月から4月ぐらいまでは閑散シーズンになるので、人混みを気にせずにゆったりとアクティビティを楽しむことが可能です。

予算を抑えられるメリットもある

また、閑散シーズンは航空券やホテル代も安くなりますし、ダイビングやシュノーケリングができるお店も料金を割引するところが多いです。そのため、繁忙期に比べて予算を抑えられるメリットもありますから、その点でも夏以外に訪れる価値は大いにあります。同じ予算でも、閑散シーズンなら1つ多くアクティビティを楽しめるでしょう。

日焼けが気にならず過ごしやすい

もし沖縄でシュノーケリングをする場合、常に日が当たる状態になりますから、夏だとかなりの日焼けをする可能性が高いです。人によっては日焼け対策の効果もあまりなく、滞在中は背中の痛みに悩まされるかもしれません。

しかし秋の終わりから冬にかけては、日照りも夏に比べると弱くなりますから、日焼けを気にせず快適に過ごすことができます。ただ、本州に比べると冬でも紫外線量はそれなりに多いので、日焼け止めクリームは塗っておいた方がいいでしょう。

特定のシーズンにしか見られない風景もある

何より、沖縄の海では秋や冬でなければ見られない風景もありますし、特定のシーズンにしか楽しめないアクティビティもあります。それらを経験する意味でも、色々な時期に沖縄に訪れるのもいいかと思います。