雨の日でもアクティビティを満喫できる

せっかく旅行に来たのに、雨が降るとテンションも一気に下がってしまうでしょう。しかし沖縄の海なら、雨の日でもアクティビティを満喫することは十分に可能なので、楽しい気分を保ちながら旅行をすることができるでしょう。

雨だけなら基本的に問題はない

ダイビングやシュノーケリングといったアクティビティは、基本的に雨だけなら問題なく実施することができます。あくまでも海の中の景色を楽しむわけですから、雨によって大きな影響を受けることはありません。

むしろ、多少雨が降っていた方が暑さも和らぐでしょうし、日焼けの心配をしなくて済みます。それに、場所によっては曇っている方が綺麗に見えるところもあるので、雨だからこそのメリットもあります。

風の方が遥かに影響は大きい

海でのアクティビティは、雨よりも風の方が遥かに影響は大きくなっています。特にダイビングやシュノーケリングは、豪雨でも実施できるケースは多いですが、逆に風が強いと雨が全く降っていなくても中止になることが大半です。そのため、旅行当日は天候よりも風速をしっかりとチェックしておきたいところです。

雨が降ったら逆にアクティビティに変更するのもあり

当初は海に行く予定がなかったり、あるいは沖縄観光をメインに計画していて、もし雨が降ったら逆にアクティビティに変更するのもありでしょう。雨だと行動範囲も狭くなりますし、行けない場所もあったりするので、それだったら雨の影響をほとんど受けないダイビングやシュノーケリングを楽しむのもいいでしょう。

特にシュノーケリングであれば、事前準備も必要ありませんし、初心者や泳ぎに自信がない人でも問題なく楽しむことができるため、雨が降った時にはぴったりのアクティビティとなっています。

雨を心配しなくていいのは大きな魅力

キャンプ、登山、バーベキューといったアクティビティは、雨が降れば中止を免れることはできません。でも、沖縄の海なら雨の心配は一切不要ですから、それだけも大きな魅力だと言えます。